男性型脱毛(AGA)

男性型脱毛症とは

男性型脱毛症(AGA)は前頭部(髪の生え際)や前頭部(頭の真上)の脱毛が起こるものです。AGAはandrogenetic alopeciaの略称です。ここでandroは男性、geneticは遺伝、alopeciaは脱毛症を意味します。これらを繋げると「男性ホルモンと遺伝が関連した脱毛症」ということになります。

AGAが起こるメカニズムを説明します。まず最初に男性ホルモンであるテストステロンが5-α還元酵素の作用でジヒドロテストステロンに変化します。このジヒドロテストステロンが早期の脱毛を引き起こし、ヘアサイクルが1~2年(通常は5~6年)に短くなります。つまり、太くてしっかりした毛髪が育つ前に脱毛が起きてしまうわけです。それを抑えるのが5-α還元酵素阻害薬(フィナステリド、デュタステリド)です。いずれもAGAの病態メカニズムに基づく理にかなった治療薬ですが、毛髪を増やすというよりも抜け毛を減らす薬剤です。結果としてAGAを発症する以前の状態に戻そうというものです。しかし内服を止めてしまうとゆっくりとAGAが進行してしまいます。2017年の診療ガイドラインで推奨度A(行うよう強く勧める)とされているのはフィナステリド内服、デュタステリド内服、ミノキシジル外用の3つだけです。まずはこれらの治療から開始すると良いでしょう。セルフケアや市販の育毛剤では効果は期待できません。

AGAの治療費

内服薬

フィナステリド28錠
4,400円(税込)
デュタステリド30錠
5,500円(税込)

外用薬

ミノキシジル外用液5%60mL(FCI)
4,950円(税込)

男性型脱毛症(AGA)治療は自由診療であり、診察料も保険適応外となります。
下記診察料を申し受けます。予めご了承ください。

●初診料3,300円(税込) ●再診料1,100円(税込)

※各種クレジットカードがご利用いただけます。

※最終受診日から6ヵ月を超えた場合は初診扱いとなります。

デュタステリドの有用性

男性型脱毛(AGA)治療で最も効果が高いのはどれか?それを調べる研究結果が2022年に発表されました。カナダ・トロント大学の研究者たちが臨床試験23件のデータから相対的な有効性を比較しました。治療開始24週間後の総毛髪数の検討で最も有効性が高いのは「デュタステリド0.5mg内服」と結論づけました(文献1)。

AGAはジヒドロテストステロンの作用によってヘアサイクルが短くなることが原因です。簡単に言えば太い毛髪が育つ前に脱毛が起きてしまうわけです。毛髪が失われるわけではなく、太い毛髪が柔らかくて細い毛に置き換わるわけです。5-α還元酵素阻害薬(フィナステリド、デュタステリド)はAGAの原因物質であるジヒドロテストステロンの産生を抑えます。5-α還元酵素にはⅠ型とⅡ型の2種類あり、フィナステリドはⅡ型のみ抑えるのに対し、デュタステリドはⅠ型とⅡ型の両方を強力に抑えます。また、フィナステリドの半減期が4時間であるのに対して、デュタステリドの半減期は53~65時間もあります(添付文書データ参照)。半減期とは薬物の血中濃度が半分になる期間のことであり、デュタステリドは長時間効果が持続することを意味します。以上がデュタステリドの優越性の理由と考えられます。なお、インターネット上には半減期が3~5週間という情報があるようですが、添付文書にも記載されているように「肝機能障害がある人」のデータであり、間違った情報ですのでご注意ください。

最後に費用対効果はどうでしょうか?一般にフィナステリドの方がデュタステリドよりも値段が安いのが普通です。ところが最近は両薬剤の価格差が小さくなる傾向にあり、コストパフォーマンスの点でデュタステリドに軍配があがります。特にフィナステリドの効果が不十分であればデュタステリドへの変更を検討してみるとよいでしょう。

(文献1)Gupta AK et al. Relative Efficacy of Minoxidil and the 5-α Reductase Inhibitors in Androgenetic Alopecia Treatment of Male Patients: A Network Meta-analysis. JAMA Dermatol. 2022;158:266-274.

Key Points

①デュタステリドはAGAの治療薬の中で最も効果が高い
②デュタステリドはフィナステリドに比べると酵素活性が高く、血中濃度が長期間持続する。